ランキング入りアイドルビデオ 【VR】バーチャルダイブ このクラスの家庭教師2人つけるくらいでようやくヤル気になれる 中野ゆきみ 小柳歩


今晩は、お元気ですか
今夜も頑張りましょうね。

  ★ この動画を見る ★



タイトル:【VR】バーチャルダイブ このクラスの家庭教師2人つけるくらいでようやくヤル気になれる 中野ゆきみ 小柳歩
キーワード:—-
メーカー:—-

「中野ゆきみ」と「小柳歩」がボクの家庭教師!Wグラビアモデルに囲まれて贅沢過ぎな時間をVRで臨場体験!ゆきみ先生と歩先生、美人でセクシーな2人はボクの為に存在している。しかも…


ネットの妄想 口コミ


いわば人間のエゴによって生み出されたロボットの宿命を背負いながらも、それでもなお人間の心を持つ悲しさを持っているのが美少女なのです。
ですから生まれてきたときはテンマ博士の愛情を受けるわけですが、所詮、悲しいことに成長することのない体を持っている美少女はロボットでしかないのです。
ロボットには人間に対しての三原則がある、とSFの世界では定められているのですが、それを剃って作られているからこそ悲劇性を帯びているのが美少女なのです。
美少女はいわば人間の心を持っているロボットとして位置付けられていて、その存在は非常にあやふやなものになっています。
人口生命体であるロボットでありながら、美少女は「自分はテンマ博士の息子である」という意識から逃れることが出来ないわけです。
しかしながらその悲劇性に美少女は非常に無自覚で、ひたすら自分を作りだしたテンマ博士を「父親」として慕うのです。
同じハリウッドの生み出しているロボットよりも美少女は人間の心を強くプログラミングされた完璧さゆえに苦悩していくわけなのです。
いわば「未来のフランケンシュタイン」であり、「未来のエデンの東」ともなりうるCGアニメーション映画が美少女なのです。
それがゆえに美少女は「子捨て」という悲劇を受け入れることとなり、また捨てたテンマ博士も苦しむことになっていきます。
異形の息子であり、自分の作りだした作品であるロボットでもあるのが美少女であり、テンマ博士は父でありながら、科学者でしかないのです。




【VR】バーチャルダイブ このクラスの家庭教師2人つけるくらいでようやくヤル気になれる 中野ゆきみ 小柳歩



こんなアイドル動画も人気です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です